【東洋文庫ミュージアム】その書庫はハリー・ポッターのような世界!!

2019年12月11日放送「ヒルナンデス!」に「東洋文庫ミュージアム」が紹介されます。

そこはアジア最大級の東洋研究の施設の美しすぎる本棚があり、まさにハリー・ポッターの
世界に紛れ込んだかのよう。

そこで今回は、東洋文庫ミュージアムの美しすぎる本棚について調べてみました。

東洋文庫ミュージアムとは

引用先:j-cast.com

東洋文庫は、広くアジア全域の歴史と文化に関する東洋学の専門図書館ならびに研究所です。
約90年に及ぶ歴史を有するアジア最大の東洋学センターであり、国際的にも世界5指の1つに数えられています。

東洋文庫ミュージアムは、2011年10月に東京都文京区駒込にオープンしました。

東洋文庫ミュージアムの施設概要

【名称】

東洋文庫ミュージアム

【所在地】

〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-21

【TEL】

03-3942-0280(ミュージアム)03-3942-0400(オリエント・カフェ)

【アクセス】

JR・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩8分
都営地下鉄三田線「千石駅」から徒歩7分
都営バス上58系統・茶51系統「上富士前」から徒歩1分

【駐車場】

普通車8台まで。大型バス2台まで駐車可能(大型バスのみ要予約)

【休館日】

毎週火曜日(ただし、火曜日が祝日の場合は開館し、水曜日が休館)
年末年始、その他、臨時に開館・休館することがあります。

【開館時間】

10:00〜19:00(入館は18:30まで)

【入場料】

一般 900円、65歳以上 800円、大学生 700円、中・高校生 600円、小学生 290円
団体割引 20%(20名以上) 障がい者 350円 (付き添いは1名まで350円)

美しすぎる本棚「モリソン書庫」

引用先:asoview.com

東洋文庫の数あるコレクションのなかで最も有名なのがモリソンコレクションです。

1917年、東洋文庫の創設者、岩崎久彌は北京駐在のオーストラリア人G. E. モリソン博士から東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子等約2万4千点をまとめて購入しました。

それから一世紀の時間が流れた今ここにその貴重なコレクションがよみがえりました。

引用先:itta.me

現在の価値で70億円相当になるとか!!手に取って見てみたい気もしますが、本を手に取ることは厳禁ですので注意してください。

ただ眺めてるだけでも時間を忘れることが出来るはずです。ちなみに、撮影はOK!!

まとめ

今回は東洋文庫ミュージアムの美しすぎる本棚について調べてみました。

モリソン書庫以外にも見どころ満載です。

美しすぎる本棚は、きっとあなたをハリー・ポッターの世界に連れて行ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする