【ザ!鉄腕!DASH!!】海底のモンスター!?糸島の漁師を悩ます厄介者とは?

2020年2月23日放送「ザ!鉄腕!DASH!!」のグリル厄介は「福岡県糸島の漁師を悩ます厄介者を城島&坂本のリーダーコンビが捕獲!」です。

通称”海底のモンスター”・・・どんな恐ろしい生物なんでしょうか!?

そこで今回は、福岡県糸島の漁師を悩ます厄介者について調べてみました。

漁師を悩ます厄介者とは?

番組案内には、

福岡県糸島の漁師を悩ます厄介者、通称「海底のモンスター」。そいつを捕獲するため城島&坂本のリーダーコンビがモンスター用の巨大トラップを海底に設置。すると…中にはモンスターがウジャウジャと!

番組案内から気になるキーワードを抜き出してみると、

「福岡県糸島」「海底のモンスター」「巨大トラップ」

上記の3つのキーワードかな?それぞれのキーワードを考察してみると、

「福岡県糸島」・・・九州の北西部に広がる海域「玄界灘」に面しており、玄界灘は対馬海流が流れている世界有数の漁場

「海底のモンスター」・・・海底に生息している生物。

「巨大トラップ」・・・全長が大きい、または群れで行動する。

もっと特徴があればよかったのですが、ちょっとキーワードが少ないですね。

調べてみると、モンスターというよりエイリアンみたいな生物がいるとのこと!!

その生物の名は「クサウオ」!!・・・臭い魚?

海底のモンスターはどんな生物?

引用先:zukan.com

クサウオはカサゴ目に所属する魚類の分類群の一つです。

太平洋・大西洋から北極海・南極海にかけての海域に幅広く分布しており、ごく浅い沿岸から7,000mを超える深海に至るまで、その生息域は多岐にわたります。

吸盤状に変形した腹鰭(はらびれ)を使って海底に腹這いになっていることが多いようです。

大きさは50cm前後で、鱗をもたず、皮膚はゼリー状で軟らかいみたいです。

名前の語源・由来は、石川県宇出津での呼び名です。石川県加賀地方ではつまらないもの、いやなものを“くさい”という語を使います。これが転訛して「くさいうお」から「くさうお」になったと言われています。意味合いは「つまらない魚」。

地元漁師の反応は?

福岡県糸島の1月頃の近海ではカワハギやカレイ、ヒラメなど旬の魚が水揚げされています。

そんな中、一緒に網にかかってくるのが、このクサウオ。

まぁ、見た目がアレですから、漁師たちの反応もいまいちで、

ごみにしか見えない。

エイリアンみたいなやつですかね、気持ち悪いです。

との反応・・・、確かに他の魚に混ざっていると、ちょっと気持ち悪い。

釣れると「つまらない」魚ってことでしょうか?

食べられるの?

これを最初に食べようと思った人は勇気がありますよね。

なんとこのクサウオ、クセのない上質なコラーゲンを伴った白身

ただ、熱を通すとボロボロに崩れてしまうので唐揚げにすると良いとのこと。

ふわふわして、さっぱりとした味わいだそうです。

ただ、現物をみると・・・やっぱり食べるのをためらうらしい・・・。

引用先:tv-asahi.co.jp

まとめ

今回は、福岡県糸島の漁師を悩ます厄介者について調べてみました。

通称”海底のモンスター”はクサウオのことでしょうか?

番組を楽しみに待ちましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする