【ザ!鉄腕!DASH!!】DASH島の港近くで目撃!!謎の巨大魚とは?

2019年12月15日放送「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH島は「ADランボーが謎の巨大魚を港近くで目撃。」です。

謎の巨大魚とは何なのか?

そこで今回は、DASH島の港近くの謎の巨大魚について調べてみました。

DASH島の港近くの謎の巨大魚とは?

番組案内には、

ADランボーが謎の巨大魚を港近くで目撃。「デカいです!上腕二頭筋くらいの太さがありました!」。報告を受けた城島と松岡は、後輩リチャードを連れて巨大魚ハントに乗り出す。すると…予想外の大物が。

番組案内から気になるキーワードを抜き出してみると、

「謎」「巨大魚」「港近く」「上腕二頭筋くらい」

う~ん、キーワードとしては難しいですね・・・。色や形が分かればもっと絞り込めたのですが、今回は難題です。過去の放送回やDASH島から予想をしてみましょう。

2019年7月21日放送「猛毒エイ退治」から予想

今回の放送同様、TOKIOの城島茂さんと松岡昌宏さんが猛毒エイをモリやはえ縄漁で退治した放送回ですね。

アカエイ

アカエイは全長1mぐらいあるので「巨大魚」でしょう。また、日本を含む東アジアの沿岸域広く分布していることから、「港近く」にも該当しますね。

しかし、「上腕二頭筋くらい」という表現が気になります。アカエイであれば「座布団くらい」という表現が合ってるような気がします。

オコゼ

・・・ないかな。

ドチザメ

こ、これは間違いなく「巨大魚」です!!最大全長は1.5mの個体もいます。ドチザメは日本近海から東シナ海にかけての沿岸に生息していることから、「港近く」にも該当しますね。

しかし、やっぱり気になるのが「上腕二頭筋くらい」という表現。写真から見ると、上腕二頭筋どころではないですよね・・・。

そして、一番気になるのが過去に放送した魚を「謎」というでしょうか・・・。

DASH島から予想

DASH島の場所については「由利島」ということで知られています。

場所は伊予灘に位置し、愛媛県松山市の松山港の沖合の無人島です。実はDASH島の前は
「進ぬ!電波少年」の無人島脱出企画の舞台でした。場所的にも温暖な気候で、かつては
漁港もあったそうです。

この海域で釣れる魚を調べてみると、「グレ」と「チヌ」が気になりました。

グレ

ぐ、グレ?ググる?Googleで検索?・・・「グレ」とは「メジナ」のことです。

引用先:zukan-bouz.com

メジナは関西では「グレ」と呼ばれ、体が黒いことから「クロ」に因んで付けられたものです。

よく漁獲されるのは全長40cmぐらいですが、60cmを超えるものいることから、「巨大魚」「上腕二頭筋」に該当するのでは?

また、北海道南部から台湾までの沿岸部に分布しており、「磯釣りの王者」とも呼ばれています。ということは、「港近く」にも該当しますね。

通年で獲れる魚ですが、晩秋から冬に獲れたものは「寒グレ」とも呼ばれ、高級魚にも引けを取らないほど美味しい魚だそうです。

チヌ

また聞きなれない魚の名前ですね。「チヌ」とは「クロダイ」のことです。

引用先:PIXTA

平安時代初期頃、大阪南部の和泉灘は「茅渟(ちぬ)」の海と呼ばれており、そこで獲れる魚(クロダイ)≒チヌと定着したとされています。

よく漁獲されるのは全長30~40cmぐらいですが、70cmを超えるものいることから、これも「巨大魚」「上腕二頭筋」に該当するのでは?

また、北海道南部から台湾までの沿岸部に分布しており、水深50m以浅の沿岸域に生息し、河口の汽水域にもよく進入します。「港近く」にも該当しますね。

まとめ

今回は、DASH島の港近くの謎の巨大魚について調べてみました。

愛媛県の魚料理といえば「鯛めし」で有名ですが、鯛めしは「真鯛」を使用するので、
「謎」というキーワードに該当しないような気がします。

予想は「グレ」か「チヌ」ではないでしょうか?

謎の巨大魚とは一体何でしょうか?楽しみですね。

↓後輩リチャードについてはこちら

【草間リチャード敬太】鉄腕ダッシュスタッフからゲストへ!ハーフジャニーズの退所の真相は?

放送後の結果

謎の巨大魚の正体は・・・イナダでした!!

引用先:kurashi-no.jp

北海道から九州まで、広い海域を泳いでいます。回遊魚で暖かい時期になると北の方へ、寒い時期になると南の方へ泳いでいきます。

イナダは出世魚であるブリの途中の状態です。大体30㎝くらいのものがイナダ、それより大きくなるとワラサ、80㎝を超えるとブリと呼ばれます。

「巨大魚」「上腕二頭筋」に該当しますね。活きアジを餌にするほどの大物でした。

でも、水深80mの沖合いで釣るとは・・・。「港近く」ですか!?近くかな・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする