【ザ!鉄腕!DASH!!】カニが逃走!!通称”海の悪魔”が東京湾で大量発生!?

2020年1月19日放送「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH海岸は「DASH海岸に流れ着いた大量の流木の下の”赤いリーゼント頭の猛毒魚”」と「通称”海の悪魔”が東京湾で大量発生」です。

今回は2つに分けて調べてみました。

通称”海の悪魔”・・・恐ろしい異名をもってますね。

↓ こちらで”赤いリーゼント頭の猛毒魚”についても見てください。

【ザ!鉄腕!DASH!!】DASH海岸に赤いリーゼント頭の猛毒魚!?気合いの入った魚とは?

通称”海の悪魔”とは?

番組案内には、

DASH海岸に流れ着いた大量の流木。その下を網ですくうと…赤いリーゼント頭の猛毒魚が!さらに城島と桝アナが海底を調査。すると、砂地はなぜかカニだらけ!その理由は…通称”海の悪魔”が東京湾で大量発生し、”悪魔”に喰われそうになったカニたちが浅瀬に逃げて来たからだった!さっそく城島&桝アナ&木村さんは横浜ベイブリッジ近くにある”海の悪魔”の巣窟へ。最後は捕獲した”悪魔”を熱々おでんとチャーハンに!

番組案内から気になるキーワードを抜き出してみると、

「東京湾」「喰われそうになったカニ」「熱々おでんとチャーハン」

上記の3つのキーワードかな?それぞれのキーワードを考察してみると、

「東京湾」・・・港・岸壁、砂浜、干潟、海域などを生息場とする様々な生物が生息。

「喰われそうになったカニ」・・・甲殻類を食べる捕食者。

「熱々おでんとチャーハン」・・・調理すると美味しい。

と、いつも通りの流れでキーワードを抜き出してみましたが、”海の悪魔”で検索してみると簡単に出てきますね。

そう、海の悪魔 = Devil Fish = タコですね。

なぜ”海の悪魔”なのか?

引用先:Wikipedia

タコは、頭足綱 – 鞘形亜綱- 八腕形上目のタコ目に分類される動物の総称、複数の吸盤がついた8本の腕(動物学的には足)を持つ軟体動物です。

甲殻類にとってタコは天敵であり、好んで捕食する傾向にあり、腕が持つ強靭な筋力によって甲殻類の殻を砕くことも。

では、なぜ”海の悪魔”と呼ばれているのでしょうか?

実は、そのグロテスクな見た目から、海外ではDevil Fish(海の悪魔)と呼ばれています

海外の映画で”クラーケン”と呼ばれる海の怪物を観たことはないですか?

引用先:Wikipedia

”クラーケン”とは北欧に伝わる「海の怪物」で、タコやイカなど巨大な頭足類のような絵が多く、船ごと丸飲みにする怪物として描かれていますよね。

それほど、海外では恐ろしいものという認識になっているのでしょうね。

しかも、世界的にタコを食べる国は珍しく、日本以外ではスペインやイタリアなどでしか食べられていません。

日本では食生活に深く根付いていおり、全国各地にタコ焼きのお店もありますよね。

引用先:itmedia.co.jp

また、茹でると真っ赤になることから漫画・映画・テレビ番組などでキャラクター化されることや、単純に馬鹿にする言葉としても使われてますね。

ハゲたオッサン=タコ親父みたいな。

まとめ

今回は通称”海の悪魔”について調べてみました。

確かに見た目はグロテスクなので、海の悪魔と言われる由縁もわかります。

日本人で初めて食べようと思った人も凄いですね。

↓ こちらで”赤いリーゼント頭の猛毒魚”についても見てください。

【ザ!鉄腕!DASH!!】DASH海岸に赤いリーゼント頭の猛毒魚!?気合いの入った魚とは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする